パトランによる地域貢献の事例

【愛知県一の宮市の杉山さん】徘徊老人を保護


一の宮市で精力的に活動をする杉山さんが、パトラン中に老人と遭遇。その老人の不自然な行動にアクションを起こしてくれました。
《杉山さんのレポート》
パトラン中、前からおばあちゃんが歩いてくる。お出かけする格好でカバン持って。この時間にこの場所をお出かけする格好で歩いてる?何か不自然…。
近づくと近所のおばあちゃんでした。話を聞くとどこかに忘れ物をしたので取りに行くらしい。どこに行くのか聞いてもどこに行くかはわからないと。これは徘徊?おばあちゃんちの電話番号が分からず…。連れて帰ろうとしても聞き入れてくれない。
悩んだのですが、おばあちゃんをとりあえず解放してダッシュでおばあちゃん宅へ。
おうちの方に報告して道案内しながら探しているとおばあちゃん発見。無事おうちの方に連れて帰ってもらえました。うちの近くで保護できて良かったです。
「教訓」
ご近所さんの電話番号くらいは登録しておいた方がいいなと思いました。
あと、おばあちゃんのカバンに名札は付いていたものの電話番号はデイサービスの施設の電話番号のみで、そこにかけても誰も出ない状況でした。やはり自宅の電話番号を書いておくといいと思い、その事を伝えておきました。

パトランで地域貢献してみませんか?

あなたのランニングが安心して暮らせる明るい世の中づくりにつながります


パトランを始める

寄付によるご支援をお願い致します