代表ブログ

パトランTシャツの歴史ここにあり


パトランTシャツのデザインのこれまでの歩みについてまとめました。

初代

2013年に製作したものです。やたらとでかいロゴが特徴です。
パトランプをイメージした通称”パトボーヤ”の初代Tシャツを着用している人はベテランパトランナーの証とも言えます。

2代目(2014年~)

パトランのロゴをベースにしたデザインです。
力強く走るランナーがワンポイントに記載されています。

3代目(2015年~)

昔のゲームをモチーフにした遊び心を入れたデザインです。浅田真央さんに渡したパトランTシャツ、ジャンパーはこのデザインです。1~3代のパトランTシャツは製作枚数も少数だったので今ではあまり見かけることも少なくなりました。

4代目(2015年~)

復刻版パトボーヤです。初代パトボーヤへの反響が大きく躍動感あるデザインにリニューアルしての再登場です。星付き☆も存在するとか。

5代目(2015年~)

ここで登場したのが、現在のスタンダードデザインでパトTの代名詞「マルパ」モデル。
最初のデザインは現状のものよりロゴがやや大きめでした。イメージは孫悟空が着用する亀仙流の道着です。実は最初は不評だったんですが、次第に愛着を持つ人が多くなってきました。
有名デザイナーのナガオカケンメイさんに聞いたことがあるのですが、
「ちょっとダサいくらいのデザインが愛着あっていい」
決してカッコイイとは言えないこのなんとも言えない感じが親しみを持ってもらえる理由かなと思います。
2015年はパトランが全国に展開した1年だったのでTシャツデザインが豊富です。

6代目(2016年~)

現行のスタンダードモデルです。
パトランのメンバー登録時はこのTシャツがユニフォームになります。
パトランジャンパーの製作の時からマルパのロゴをスタイリッシュなものに変更しました。

年度モデル

2016年

前に大きくプリントされたTシャツが欲しいとの要望からこちらのTシャツを製作しました。
デザインはパトランのFacebookグループでの投票により最多得票を得たものを採用にしています。

2017年

現在選考中。
パトランのFacebookグループで投票を現在受付中です。

パトランTシャツのコンセプト

パトランユニフォームは、赤に白字がベースとなります。
背には「Patrol Runnning」の文字。これはパトラン発足当時から変わりません。
そして、これからも大幅に変わることはないでしょう。それは、このTシャツをみると「あっパトランだ!」と見た人がすぐに認識できるようにするためです。そして、認識のしやすさと合わせて、着たくなるデザインを心がけています。特に「女性が着たくなるもの」という視点は外せません。「カッコイイ」「可愛い」と思えるものは、個人のモチベーションを向上させ、それは質のいい活動につながります。

Tシャツを作るまで

Tシャツはパトランの魂とも言えるユニフォームです。
その核となるデザインづくりはかなり気を使います。製作費に余裕もないので、基本デザインは僕が作ります。
下書き〜デザイン案づくり〜事務局選定〜投票で得票数が多かったものを採用します。
ありがたいことに、いろいろなアイデアやご要望もいただきます。全てを反映することはなかなか難しいのですが、自分なりに咀嚼して製作に活かしています。人それぞれ好みが違うので、全員を満足させることはできないのかもしれません。
ですが、少しでも多くの人が愛着を持って使えるものにしたいと思っています。