代表ブログ

問題だらけの福岡県警を信用できるのか


「早良署警察官による飲酒運転」

9月20日、また福岡県警による不祥事が発覚しました。

もうアホか。思わず口から出てしまいました。
何度繰り返しても同じミスをする福岡県警たるや。実に図太い神経をしています。
今年度の県警の不祥事は昨年を上回るハイペースで、懲戒処分を受けたのはなんと18人。件数でいうと13件にもなります。

これは昨年の14人(10件)を既に上回ってます。
もはや、どこまで記録を伸ばせるかってことを意識してると疑ってしまうほど。

今回の不祥事のニュースを切り取ったものはこちら。

男性警察官は8月上旬ごろ、福岡市内で酒気を帯びた状態でミニパトカーを運転した疑いが持たれている。同僚から「酒臭い」と指摘され、男性警察官は「前日遅くまで酒を飲んでいた」と説明。自己申告した飲酒時間から既に長時間経過していたことから、上司らはアルコール検知器を使った検査をしなかったという。

福岡県は2006年の海の中道大橋での福岡市職員の飲酒による痛ましい事故を受けて飲酒運転撲滅の強化を徹底してきました。

県警のWEBサイトには「許さない飲酒運転は110番」のスローガンとともに、何か情報あればすぐ警察へ知らせてくださいと強いメッセージがあります。
その力の入れようは他県と比較しても火を見るよりも明らか。
先日も筑紫野署が「許さない!! 飲酒運転は110番」とのメッセージを記載した箸袋を飲食店などに設置するというニュースがありました。
市民にも「飲酒運転をしない、させない」と言う意識が定着してきています。
仲間内で飲んでいても飲酒運転を容認するような人たちは基本いません。
しかしながら、その取り締まりを行う警察官が飲酒運転してしまうという体たらくぶり。
今年度だけで警察官の飲酒運転が2件も起きているわけです。

まさに「警察は外部に厳しく内部に甘い」他に表現できる言葉が見つからない。


県警が掲げるスローガン

2017年に起きた福岡県警の不祥事

今年度発覚した県警の不祥事の数々を洗ってみると、まあ見るも無残。

件数 13件 18人

・行橋市  飲酒運転・当て逃げ
・鑑識課  証拠偽造
・サイバー犯罪対策課 公用車を不適切に通勤に利用
・県警小倉北署 既婚者なのに独身女性と不倫し、結婚披露宴を開く
・県警察本部留置管理課 課内の集団わいせつ、パワハラ事案
・福岡市  落し物の着服
・県警中央署 公務員職権乱用&女性宅侵入→減給10分の1(6カ月)の懲戒処分
・県警南署総務課 大麻所持
・県警察本部留置管理課 野球賭博の疑い
・小郡警察署  母子3人殺害事件
・福岡市  飲酒運転

【福岡の警察官による飲酒運転事案】

ネットでの検索程度ですが、ここ2〜3年では以下のような事案が引っかかりました。

・小郡署の警察官(2015年)
・県警柳川署 地域課の男性警部補(2015年)

なぜこう不祥事が続くのか?

「根本的に警察に不向きな人が警察官になっている」そう思ってます。
言うまでもなく、真面目に働く警察官もたくさんいます。
反面、プライドに欠けている警察官もいくつか見てきました。
高校の同級生だった警察官は盗撮で捕まったし、また別の知人の警察官は彼女で1つの野球チームが作れるほど遊び癖があったり、警察官である夫の家庭内暴力が止まらないという例もありました。
人間的な要素を否定したくないのですが、持って生まれた性格や趣向というのはそう簡単には変えられないことを考えると警察官への適性をもう少しちゃんと見極めた方がいいだろうと思ってます。
もはや信用は地の底に落ちているレベルですが、警察の不祥事を止めるために県警はどう動いていくか。
根本的な改革が必要なのかもしれません。